佐賀人の佐賀のスノーボーダーのための
   スノーボード情報サイトになりたいサイト
you are the
  th

 スノーボードのために必要なものあったほうがいいものの一覧と簡単な解説です。
 印刷して出かける前の確認リスト等にも使えると思います。 ( ^ o^)/
  ※ ここに書いてあるもの全てが必要というわけではありません。必要に応じて選んでください。
道具達
画像はクリックすると楽天の検索結果に飛びます。
(私なりに検索条件を設定してあるのでよければどうぞ)
絶対必要
 





ブーツ  自分に合ったものをブーツが合わないと上達速度も鈍ります。 スノーボード ブーツ 専用のブーツです。
ビンディングの種類によってブーツも変わります。
ビンディング しっかり派かせっかち派かで選び方が変わりそうです。 スノーボード ビンディング バインディング ブーツとボードを繋ぎとめる道具です。
種類が数種類あります。
ボード いろいろなものがいっぱいあります、まずは店員さんに話を スノーボード ボード 板 雪の上を滑るための板です。
(そんな説明いらんって突っ込まれそうですね・・(^^;
リーシュ
コード
ボードの一人歩きで人にぶつけて怪我をさせた人を見たことがあります。 スノーボード リーシュコード 滑り防止 ボードから両足ともはずした時に、ボードが勝手に一人で滑っていかないように足とボードを繋いでおく紐です。


上着 どうせならカッコいいのがいいですね。 スノーボード ウェア 服 上着 機能的なものが多くありますが西日本で滑る分には、デザイン重視で選んでもいいと思います。
ズボン 耐水性能重視お勧め。お尻にハート型の濡れた後なんてかっこ悪いです スノーボード ズボン  耐水圧性能が高いものが勧めです。お尻が濡れると冷たいし、お尻だけ色が濃くなりかっこ悪いです。耐水圧2万mm程度だとほとんど濡れません。
グローブ 滑ってて手が冷たくなると楽しさ半減 スノーボード グローブ 雪に触れる機会が多ので、耐水性能があり、外側とインナーが分かれるタイプがお勧めです。インナーだけ洗え、濡れ対策に複数用意できます。
 
快適滑るために
 
ゴーグル まずは全天候型のレンズのを買おう オレンジ色のレンズはほとんど全天候型 スノーボード ゴーグル 天気の日の紫外線や、降から目を守ります。 レンズの種類で対応できる天気が違います。はじめの一つは全天候型のものを選んだほうが無難です。
ビーニー
(ニットキャップ
ヘルメットをかぶらない人はせめてこれを スノーボード ビーニー ニットキャップ  寒さ対策のほか、転倒時に頭を保護してくれます。 つばさ付きや耳まで覆えるものなど多様です。 厚手のものが暖かくクッション性がありお勧めです。
ネック
ウォーマー
暖かいよ スノーボード ネックウォーマー 吹雪いているときなどはこれがあると、暖かいです。
チケット
ホルダー
天山では必要ないよ スノーボード チケットホルダー リフト券等を入れておくホルダーです。係員が見やすく、自分も示しやすいものを選びましょう。  ウェアに最初からついているものもあります。
デッキパッド 私はカンをつぶした絵みたいなのを使ってます スノーボード デッキパッド  スノーボードの表面に張る滑り止め。スケーティング時に後ろ足が滑らないようにします。ボードに合わせて自分のセンスで選びたいです。
 
快適に過ごすために
 
インナーパンツ ズボンが高性能なら西日本では要らないかも インナーパンツ 凍えながら滑らずにすむように気温に合わせて用意しましょう。
日焼対策
UVクリーム
天気の日はほんとに真っ黒になっちゃいます。 日焼け対策 UV対策 クリーム  ゲレンデの紫外線は結構強烈です、気がついたらゴーグルでパンダ焼け・・・なんてことにならないように、天気によって対策をしましょう。
ヘアバンド
・ゴム
髪留め意外に何かあると活躍するかも? ヘアバンド ゴム  激しく動きますので、必要な人は余分に用意しておいたほうがいいです。
リップクリーム 一生懸命のときに唇なめる癖がある人は必須かも。 私はそうですw リップクリーム  ゲレンデの冷たく乾燥した空気や紫外線で唇がヒリヒリすることがあります。UV対策の出来ているものを選びたいです。
ホッカイロ ポケットに入れてもあまり活躍しません。 張るタイプがお勧めです。 ホッカイロ  リフトの時間が永い時など、あると楽です。
張るタイプのものを服に張るのがお勧めです。
 
あったら安心
 
ヘルメット 何かの技に挑戦するときはあると安心、上達の近道になります スノーボード ヘルメット  初心者は良くこけるし、うまくなればスピードを出したくなります。スノーボードにはまりそうorはまった人は必要だと思います。
プロテクタ 初心者はなるだけしましょう 中上級者はどこに必要かわかると思うので必要そうなところに プロテクタ  ひざ、お尻、ひじ等を守ります。たくさん転ぶことは上達の近道になるそうです。
盗難防止
チェーンロック
ボード盗た友人の友人を知っています。最悪ですね。 安いし買っときましょう。 チェーンロック 盗難防止  ボードって結構高価ですよね?盗難にあったという話をたまに聞きます。ボードを置いて離れる際はチェーンロックで盗難防止をしましょう。
ボードケース ブーツから服まで入るようなすごいのもあります。 ボードケース  バスや飛行機等で移動する際にはないと大変です。
ソールガード ワックス後の滑走面はなるだけ守りたいですね。 ソールガード  車のキャリア等に乗せる際にはたソールを守るためにソールガードをつけましょう。むき出しで移動するとせっかくのワックスが台無しになります。
保険証 持ってないと後々面倒です。 保険所  万が一のために用意しておきましょう。
医薬品 医薬品 絆創膏 湿布 は必要でしょう。 泊まりの場合は風邪薬も。 湿布、絆創膏、風邪薬等。旅先で打撲や靴擦れ風邪があっても我が家に帰らねばなりません、用心のため用意しておくと安心です。
スノーボード
保険
先日衝突事故で子供が亡くなってました。 無茶はほどほどに。 スノーボード 保険  無茶をしたい人ほど入りましょう。
ゲレンデで数百円で入れるとこもあります。
 
あると便利
 
タオル これ必須かも、ボード帰りに重宝します。 タオル  汗拭きや、帰りがけの温泉、ボードや車の汚れ拭き等いろんな場面で活躍してくれます。
ティッシュ
ペーパー
これも無いといざというとき苦しみます。 ティッシュペーパー  いろんな汚れ取りその他に活躍してくれます。
携帯用灰皿 喫煙者はマナーを大切に。 マナーが良くてもあまり何もありませんが、悪いと途端に叩かれたりします。 携帯灰皿 真っ白な雪の上に吸殻ポイなんて、最悪です!スモーカーはマナーとして用意しましょう。
サングラス 滑るときにもサングラスの人がいますが、コケルと危ないと思いますよ。 サングラス  天気のいい日は、太陽の光が雪で反射され上下から攻めたててきます。一つあると助かります。
のど飴 リフトに乗りながらなめると疲労回復も のど飴 ゲレンデの乾燥した空気の対策に。また、体力回復にも役立ちますのでポケットに一つ忍び込ませておくとgoodです。
ビニール袋 いろいろ使えます。 ビニール袋  ゴミ袋や何かをまとめる袋として重宝します。
工具 工具 小さいものを 大きい工具はスノボーで持ち歩くと怪我の元です。 ビンディング等の緩みを締めるために必要です。携帯できる小さなタイプのものがあると便利です。 大きいものを持ち運ぶのは危険です。
ワックスセット もって行くのは簡易タイプがお勧め。 この前車から電気とってアイロンでホットワックスかけてる猛者がいましたが、さすがにそこまでは・・・ ワックスセット 持っておくとワックスの塗り忘れ、帰宅前のエッジの腐食防止対策に使えます。
 
車関係
 
チェーン 雪山をあなどらないで! チェーン 持たない人は買うまで車で雪山には行かないでください。
※天山に行く際に天山だからチェーンは要らないみたいに言う人がいますが、絶対に間違いです!凍った道をあなどらないでください。
氷解スプレー これあると鍵穴や窓ガラスの凍結時にほんとに楽です。 氷解スプレー 窓ガラスが凍りついた場合などあると便利です。
毛布 車で大人数で行くときは積みましょう。 いろいろな状況に対応できます。 毛布 車の中で休む際に使うだけではなく、雪等にはまって動けなくなった際にもタイヤの間に挟んで脱出に利用できます。
スタッドレス
タイヤ
欲しいな〜 スタッドレスタイヤ あると雪山でも快適に進めます。
頻繁に雪山に車で行く人は装備しておいたほうがいいです。

 



  LastUpdate 2006-02-25


パインリッジリゾーツ
芸北2005年12月25日

自動車保険の比較は【保険の窓口 インズウェブ】で!